【設計と工事監理】施工図の確認

私たちの仕事は大きく、設計と工事監理に分かれます。
工事監理では、工事の進捗状況に合わせて幾つかの仕事がありますが、その一つが施工図の確認です。

現在進行中の現場ではサッシの施工図がメーカーから出てきました。
サッシの寸法や取り付き方を確認しつつ、サッシ周辺の建築との関係やつながり、材料の位置や寸法を合わせて確認しています。この作業が仕上がりに大きく関わるので、出来上がりを想像しながら慎重に行います。

ちなみに木造住宅の場合、木造用サッシの図面をメーカーが描いてくれることはないので、サッシのCADデータを利用して、建築工事との繋がりを自分で描いて確認します。

その点、今回はメーカーがサッシの図面を描いてくれるので、有難いのですが、なかなか思い通りに描いてもらえないので、図面1枚1枚に赤字で描き直しています。