【リノベ工事の現場】設備の配管工事

マンションリノベーションの工事の現場では大工さんによる下地工事と平行して設備の配管、配線工事が行われています。

床の下地が組まれる前に、予め配管や配線を配置していく作業が進んでいます。まだ何もない場所に、墨出しした線を頼りに配管や配線が設置されているのですが、施工する職人さんも確認する私たちもお互いに想像力を働かせて、間違いがないか、不具合箇所がないかを、細かく確認しました。

既存のコンクリート床から新しくつくる床仕上げの高さを出来るだけ低く抑えたいこともあり、床下を通る配管スペースはどうしてもギリギリの寸法になりがちです。無理がない、ギリギリの寸法で何とか納めていただくことができました。