【マンションリノベレポート】下地工事

工事が行われているマンションリノベーションの現場では大工さんによる下地工事が進められています。

古い部分と新しい部分が混ざり合いながら整えられていきます。

話は変わりますが、部材の発注から納品までの時間が通常よりも長く掛かっています。この住宅では既製品を多く使うため、納期の確認がとても重要です。大きなモノの納品が遅れると搬入経路にあたる場所や取り付け場所周辺の工事が行えずに後回しにしなければいけないことがあるからです。(通常の段取りと変わってしまうため、工事に時間が掛かってしまう恐れがあるのです)

納期の確認は設計者の仕事ではないのですが、現場監督と話をしながら出来るだけ早く手配をしてもらえるように考えを共有しています。これは一例ですが、これらの○○ショックはいつまで続くのでしょうか。建築に関わるみなさん共通の悩みですね。