【マンションリノベレポート】床の遮音下地工事まで完了しました

マンションリノベーションの現場は大工工事が本格的にはじまりました。

既存の状態を全て解体してスケルトンにした後、断熱材を吹き付ける作業を行い、床の遮音性能を確保する下地工事までが終わりました。

ここまではそれぞれ専門の施工者さんに施工を行って頂きました。
ここからは大工さんが数カ月掛けて様々に形作ってくれます。

まだまだこれからですが、既に床はフローリングの下地合板が全体に張られ、配管や配線が床から立ち上がって工事が進められているのがわかります。