【新築戸建レポート】ロフト空間

新築戸建住宅の現場では内部、外部ともに工事が進んでいます。

敷地の西側の近景には台地の上に森が広がっています。その森を眺めるためのロフトを設けました。

このロフトは下の階(2階)のリビングと吹抜により繋がっています。ゆっくりと景色を眺めながらくつろぐ場所ですが、西側に設けた窓からの光を2階のリビングに導くための空間でもあります。
そのためロフトの壁をルーバー状にすることで木と木の間から光が通り抜けるようにしました。また光は一度ルーバーに当たって反射しながら2階へ落ちていくことで、やわらかな光になるように計画しました。

ロフトというと、余剰空間に床をつくって収納に使用したり、小さな部屋のように使うこともありますが、ここでは光を調整する空間であり、広がりを感じさせる奥行を生み出す場所としても機能することを目指しました。

最終的には白く塗装をされた空間になる予定です。今よりもさらに光の状態が美しくなると思います。