【新築戸建レポート】床材について

新築戸建住宅の工事現場では下地工事が終盤に向かってきています。
床や壁、天井の下地工事が終わると仕上げ工事がはじまります。
とは言え、大工さんによる造作家具が多いので下地と仕上げが平行して進む部分も多くあります。そのため途中の状態に見える場所も散見されます。

1階の床材はカラ松の無垢フローリングです。
工事現場には梱包された状態でフローリングが届きますが、大工さんが一旦梱包を全て解いて、材料を確認します。その上で材料の特徴とバランスを考えて上手く混ぜながら貼ってくれています。大工さんの作業を見ていると、いとも簡単に進めているように見えますが、全てにおいて経験とセンスが必要だなあと感じます。