【新築戸建レポート】現場定例がはじまりました

週に一度の現場打合せ(現場定例)がはじまりました。
最初は外回りから打合せをしていきます。

板金屋さんとは屋根や軒先、樋などの打合せをしました。
屋根や軒先は原寸で部分的なスケッチを描いて設計の考えをご説明し、板金屋さんは実物でサンプルを作ってきてくださり、お互いに確認しながら摺り合わせをしました。

どのような場所においても性能を確保するためにはある程度余裕のある寸法が必要になりますが、見た目上は出来るだけシャープで繊細につくりたいので5mmの寸法の差について熱く議論しながら着地点を探っていきます。