【建築】大学で講義をしました

建築家で日本大学芸術学部准教授の若原一貴さんにお声掛けいただき、学生に向けて講義をさせていただきました。

講義はデザイン学科3年生の特別講座というかたちで1時間ほど今までの仕事をご紹介させていただだきました。

せっかくの貴重な機会ですので学生の皆さんが建築について考えたり、今後のヒントになるようなお話にしたいと思いオリジナルのスライド(パワーポイント)を作成して『「建築をつくる」ということ。』というタイトルで、今までの事例を通して私が考えてきたことなどをお話しました。

授業自体はオンラインだったので目の前に学生がいる訳ではありませんが、多くの学生の皆さんが参加してくださり質問もいただき有意義な時間でした。私がお話したことが学生の皆さんの何かの気づきにつながると嬉しいです。

こういう機会をいただけると、改めて自分の建築について振り返り見つめ直し整理することにもなるのでとてもよい経験ができます。学生の皆さんに、と言いつつ自分が一番勉強になっていると感じます。