【新築戸建レポート】基礎工事が完了しました

工事が進んでいる新築戸建て住宅の現場では昨年末に基礎コンクリート工事が完了しました。少し時間を遡ったレポートになりますが、コンクリートの打設から適切な期間をおいて型枠を外す作業が行われました。

本計画では建物の基礎が1メートル弱立ち上がる高基礎としています。一般的な木造住宅よりもコンクリートの面積が多く、気に掛けることも多かったのですが綺麗にコンクリートが打たれていました。
性能を確保するためにコンクリートに5cmの段差をつくるという細かい部分があり、施工が上手くできるか心配していた箇所も問題なく打設されていて、職人さんの心意気に感動しました。私たち設計者やクライアントの気持ちだけではなく、協力してくれる職人さんと思いが通じてはじめて実現することがあると思います。美しいコンクリートを確認することができて嬉しかったです。

独立前に勤めていた設計事務所ではコンクリートの建物を担当することが多かったので久しぶりの感覚を味わい、コンクリートの良さを思い出しました。(久しぶりにコンクリートの建物も設計したいと思いました)