【日々】好きな場所

ここ最近、書類の申請や調べもので(川崎市)麻生区役所を訪れる機会が頻繁にあります。

麻生区役所の敷地の中には麻生文化センターという施設も併設されています。小田急線の新百合ヶ丘駅が最寄りですが、駅から歩行者専用通路(ペデストリアンデッキ)を通って区役所にアクセスするといきなり2階に到着します。
この辺り一帯は山を切り崩した丘のような地形になっているのでこのようなことになるようです。

区役所の裏手には麻生文化センター(市民館と図書館)の建物があります。
文化センターに行くために区役所の建物を迂回するとかなりの距離になるのでショートカットのための通路が設けられています。

ここが私の好きな場所です。

写真の上の方に「麻生文化センサー入口」と書かれていますが、正確には建物の入口ではなくショートカットの通路の入口です。

この通路は区役所の2階部分に掛けられた渡り廊下なのですが通路の入口と出口に扉はなく、かわりに通路全体が透明なガラス状のもので覆われています。
(建築的には「入れ子」構造になっています)

通路の途中で振り返るとガラス越しに区役所の室内の様子が見えます。
(こちら側はガラスに覆われた外気に触れる室外で、ガラスの向こうは室内です)

完全に通り抜けてから今来た通路を振り返るとこんな感じです。


ちょっとワクワクしませんか?ワクワクする感覚っていいですよね。
区役所に来るとついついここを通ってしまいます。