【新築戸建プロジェクト】構造設計について

実施設計を進めている新築戸建住宅の計画は構造の検討を行っています。

私は木造住宅の場合も構造設計者に構造設計をお願いしています。
打合せにあたっては今まで黙々と考えてきたことを、出来るだけ分かりやすくお伝えすることで設計の意図をご理解頂きながら、行き違いがないようにしたいと考えています。
そのため、事前に柱や梁の架け方を整理するために図面の上にマーカーで色分けした架構を描きます。
設計と同時に架構のことは考え続けているですが、改めて紙に描くことで、柱と梁の骨組みの状態がよりリアルに見えてきたり、工事を行う時に無理がないかということも想像することができます。その他にも気づくことや疑問が幾つか出て来るので構造設計者に質問して解決していきます。

ここまでは比較的デザインや機能のことを中心にクライアントと打合せをしてきていますが、その裏付けのために構造のことは常に並行して考えています。意匠・機能と構造はシーソーのように行ったり来たりしながら考えがまとまっていくように思います。

ある程度考えが整理できた段階で構造設計者と打合せをすることでスピード感をもって進められるのではないかと思います。