【リノベーションプロジェクト】基本設計進行中

マンションリノベーションの計画は基本設計が進んでいます。
先日はクライアントと仕上げ材の打合せをしました。

実物のサンプルを手に取って頂きながら全体のイメージを共有しました。
クライアントの考えていたものと違う部分もあったようなので、クライアントのイメージに合わせて修正をしていきます。

こういう時に気をつけているのは、何でも良い訳ではないということです。
(私自身は柔軟に対応するので、何でも良いですよという雰囲気を醸し出しているかもしれませんが...)

ここからは今回の計画のことではなく、一般的な話になりますが、
細かな部分(部屋の一部など)にこだわり過ぎてしまう方が思いのほか多いということです。大切なことは部分と全体を同時に考えることです。

どうしても視野が狭くなりがちですが、一ヶ所に留まって生活をする訳ではないですし、自分が思っている以上に家の中を動き回りながら生活は営まれるものなので、少し引いた視点で全体を見た時に部分と部分が継ぎ接ぎになっていないか、色々な要素が混ざり合っていないか、ゴチャゴチャした雰囲気になっていないかを考えることが大切です。

その点で私の役目は全体のバランスを見ながら適切なアドバイスをクライアントに送ることだと思っています。その結果クライアントも納得しつつ、全体のバランスも良い雰囲気になるようにまとめていくことが出来ると思います。