【新築戸建レポート】原寸確認

鶴川で工事が行われている新築戸建住宅の現場では引き続き大工工事が進められています。

この日は2階の吹き抜け部分に取り付く手摺の強度を確認するために、実際と同じ部材寸法の木を用意して原寸で検討を行いました。
実際と同じように取り付けることで強度はもちろんですが見た目の印象が確認できる他、ビスを打ち込む方向など具体的な取り付け方の確認も出来ました。

固定された手摺は想像していたよりも強固で安心感がありました。固定方法も大工さんと共有できたので不安なく施工して頂けそうです。