【新築戸建レポート】外部左官工事

小平市内で工事が進められている新築戸建住宅の現場では外部の左官工事が始まりました。

外壁の仕上げの前に通気ラスと呼ばれる防水紙と一体になった金網のようなものにモルタルを塗っていく工程が始まりました。
モルタル(正確には軽量モルタルですが)を1.5cmの厚み以上になるように塗り重ねていきます。一度に厚く塗ると後から剥がれてしまう恐れがあるため少しづつ薄く塗り重ねていきます。
写真は最初の1回目を塗った直後のため下地がうっすら見えています。この作業を何度か繰り返して規定の厚みに仕上げていきます。

かなり大変な作業ですが下地なので最終的に仕上げてしまうと見えなくなるものです。その控えめでいながらも確かな仕事に毎回グッときています。今回もいつもの職人さんが丁寧な仕事をしてくださっています。