【二世帯住宅レポート】下地工事

板橋区内で工事が行われている二世帯住宅は内部と外部の工事が平行して進んでいます。

外部では左官屋さんによるモルタル塗りがはじまりました。
内部では大工さんによる下地工事が大詰めです。
壁と天井の石膏ボードを張るための下地がほぼ出来上がり、窓枠が取り付きはじめました。石膏ボードが張られると室内の輪郭が見えると思います。

写真は寝室から半屋内スペースのテラスを通して外を見ているところです。

周囲を建物に囲まれているので外部との間に屋根のあるテラスを挟みむことにしました。屋根のあるテラスがあることで外との距離が保てるだけでなく、テラス自体も室内の延長のように使うことが出来ます。

使い勝手の良い、ちょっとしたお得感のある場所になると思います。