【マンションリノベレポート】下地工事

静岡市内で工事が行われているマンションリノベーションの現場では大工工事が追い込みです。各室の間仕切り下地が完成して枠が取り付きはじめました。

この住まいは南北に長い間取りに特徴があり、既存の状態では光や風が気持ちよく通り抜けていくのが印象的でした。その特徴や印象をより良い形で際立つような空間のデザインとすることを考えています。

長さに特徴があるので長手方向は引戸の連なりのような構成しようとしています。その引戸のための鴨居が1.8mの高さで揃えられ、鴨居が室内の端から端まで取り付く予定です。

既に下地が綺麗に出来ていたので意図した通りになりそうで期待が高まります。次回、確認するのが楽しみです。