【八ヶ岳麓の住宅レポート】大工工事

八ヶ岳の麓の敷地で工事が行われている新築戸建住宅の現場では引き続き大工さんによる工事が進んでいます。

先日の上棟の時にはなかった軒が出来ました。
写真部分は約1.5mほど跳ね出した軒先の様子です。

跳ね出しが大きいので屋根を支える部材の垂木の寸法も比較的大きいですがリズミカルに一定間隔で連なっている様子はなんとも気持ちが良いです。

今後もこの住宅の特徴を少しづつご紹介していきたいと思います。