【戸建リノベレポート】外部工事

中古戸建て住宅のリノベーションの工事は内部と外部の施工が平行して進んでいます。

内部では断熱材の施工を行っていますが外部ではモルタルを塗る前に外壁の空気の通り道となる胴縁の取付けを行っています。
一部胴縁の取付けが終わったところは随時モルタル下地の木摺りが取り付けられています。

写真は道路から見た外観の一部ですが手前に出っ張っている部分を今回新たに増築しました。
増築部は奥にある既存部よりも屋根が低くなっていますが既存の外壁との納まりを考慮しながら室内空間のバランスを考えた結果の形です。リノベーションならではだと思いますが外観の良いアクセントにもなっているのではないかと思います。

年内の完成を目指して工事は続きます。