【戸建リノベレポート】大工工事

工事が進んでいる中古住宅のリノベーションの現場では大工工事が行われています。

今までは木造躯体(軸組み)の打合せと確認が主でしたがここに来て造作の打合せが始まりました。
仕上材の切り替え方やその見せ方、窓や鴨居の高さが一致するように考えていることなど設計の意図を今一度ご説明して共有しました。

写真は2層分が吹き抜けていて屋内に居ながら外が感じられる場所です。
完成時の空間のイメージがだいぶ明確になってきました。

良い雰囲気になりそうな予感がします。