【戸建レポート】大工工事は終盤です

国分寺市内で工事を進めている新築戸建住宅の現場では大工工事が終盤です。

この日は階段の手摺りの取付けを行っていました。鉄製の手摺を何度も仮置きして外して、少しづつ木を削ってまた合わす。

こうした細かな作業の積み重ねでだんだんと住まいのカタチが出来上がってくるのを見ていると宝石のように輝いて見えてきます。
ヒトの想いと技術が詰まった家は宝物のような存在になるのだろうと思います。

写真の雰囲気からはまだまだ終わりそうにありませんが(笑)、
間もなく終わります。
大工工事が終わると仕上の塗装工事が始まります。