【戸建レポート】続続・大工工事

国分寺市内で工事を進めている新築戸建住宅の現場では大工工事が大詰めをむかえています。

いよいよ、下地の最終段階となる石膏ボードが貼られはじめました。
ここまでくると大工工事もあとわずかです。
大工工事が終わると仕上げ工事がはじまります。

今回は少し前の工事の様子をレポートします。
写真は大工さんの手による木製の階段です。

この住宅の階段は少し変形なので色々と苦労がありました。

階段の折り返し部分の壁の先端が斜めになっているために階段のそれぞれの段が斜めの先端に集まってしまうのです。
これがとても難しく、大工さんにご苦労をお掛けすることになりました。
結果的にはとても綺麗に納まりましたが、大工さんからはこの階段は今回だけにしてほしいと言われてしまいました。

私もわざわざ施工が難しくなるようなデザインをしているつもりはなく、建物の形から必然的にこうなったという感じなのですがつくるのは難しいということはよくわかります。線を描くのと実際につくるのは大違いです。

大工さんや現場監督とコミュニケーションを取りながら上手く綺麗に納まる方法を模索したので一方的に難しいことをお願いした訳ではありませんが大工さんの理解と協力なくしては出来なかったと思います。

建築家の想いをくみ取って、形にしていただけることにいつも感謝しています。本当にありがとうございます。