【戸建てプロジェクト】

先日の戸建てプロジェクトの打合せテーマは「造作家具」でした。
既製品やメーカー品ではなく家具屋さんや大工さんに造り付けてもらうオリジナルの家具についてです。
私たちは極力既製品の家具は使わないないようにしています。既製品はあくまでも不特定多数に向けて
デザインしているからです。せっかく住まいを新しく造るのであれば家具だってオリジナルで一から
造った方が良いと思います。当然、空間にも馴染みますし、寸法的にもピッタリと造ることができます。
それが注文住宅の醍醐味ではないでしょうか。変な所に中途半端なスペースがあって、使うに使えないと
いう経験をされた方も多いのではないでしょうか?私たちはそういうものは極力排除していきます。

戸建て住宅の場合、造作家具の数が多いので全て確認してもらうのはかなりの時間が掛かります。
とても大変なのですが同じものはひとつとないので地道に確認する以外に方法はありません。
私たちも打合せのために縮尺を大きくした家具だけの図面を用意して、丁寧にご説明していきます。
使い勝手や機能はもちろん、デザインや素材、色など細かい部分も漏れがないように確認していきます。

このようなやり方なので全ての家具を確認して頂くのに今回は5時間ほど掛かりました。
クライアントの理解がないとこういうやり方は成り立たないかもしれません。
それでも丁寧に進めるにはこのような方法しかないと考えています。
(この進め方の結果は必ずご満足頂けるものに姿を変えて現れると確信しています)
こちらの進め方に合わせて頂けるクライアントに感謝するばかりです。