【階段をカラフルに!】

たまプラーザ(美しが丘2丁目)にある階段、通称「100段階段」がカラフルに彩られました。

今週末から始まるAOBA+ARTの作品のひとつです。
この作品、私たちも参加している田園都市建築家の会で製作、設置した作品です。
AOBA+ARTはもともと住民が主体となって始まった地域のアートイベントですが
たまプラーザに事務局を置く田園都市建築家の会も今回から作品を展示する作家として
参加しています。
写真は「階段にイロドリを」という作品で期間中は(1月16日、17日~23日、24日)
継続的に設置され、地域住民の方にこれまで通り日常的に使われます。
ただ一点、日常と違うのは蹴上の部分がカラフルだということです。

作品を設置している時から大変好評でここを通学路にしている小学生やすぐそばの
幼稚園の園児さんが楽しそうに駆け上がったり「きれいだね~」と言って喜んでくれたり、
通りがかりの住民の方が立ち止まって写真を撮っているのが印象的でした。

日常の風景にほんの少し手を加えれるだけでこんなにも
出来事が生まれるのかと嬉しくなりました。

これって建築と同じですよね。
既存の改善点を見つけ出し、特徴を捉えて、良い部分は活かす。
リノベーションの設計をするのと全く同じだと思いました。
言ってみれば街の一部をリノベーションしているということなので
建築と同じでも不思議ではありません。

AOBA+ARTは1月16日から横浜市青葉区のたまプラーザ駅周辺で開催されます。
お近くの方はぜひ実際の風景をご体感頂ければ嬉しいです。

詳しくは下記サイトに記載されていますのでご覧ください。
www.aobaart.com