【新しい名刺】

先日、このブログで新しいロゴマークをグラフィックデザイナーの菅原鉄博さんにデザインしていただいた話を書きました。 http://www.designlifestudio.jp/2015/11/19/logo/
ロゴマークと同時に名刺のデザインもお願いしていて、その名刺が出来上がってきました。

私の主な仕事は建築空間を設計することです。
空間を設計することは何もないところに線を引き、その線が面になり、線と線、線と面、面と面の間合やそれぞれの輪郭が空間という目には見えないものを認識させるのだと思います。そこには必ず余白(間)というものが存在していて、この余白(間)こそが空間を引き立てるのだと考えています。普段、建築空間を設計する際にもこのことは意識しています。そこで新しくデザインしていただく名刺にもその考えが表現できると良いなあと思い、菅原さんにはそんなお話をしました。この主観的で感覚的な部分を読み取ってデザインに落とし込むのはとても難しかったと思いますし、それが名刺というとても小さな空間に表現されるというのはなかなかハードルが高かったと思います。上の写真をご覧になってどう感じましたか?私はとても上手くデザインして頂けたと思っています。やはりプロだなと感心しました。おそらく、いや確実に菅原さんは能力が高いデザイナーだと思いますし、私との相性も良いのではないかと勝手に想像しています。そんなわけでとても満足のいく名刺が完成しました。お会いしたから名刺をお渡ししたいと思っていますので是非声を掛けてください。

菅原さんのHPはこちら → http://www.stilllife.jp/