囲みの層 -大津のリノベーション-

スライドショーには JavaScript が必要です。

築26年(リノベーション完成時)のマンションの一住戸を改修する計画です。
約71㎡3LDKの間取りを路地のような土間空間が特徴的な住まいにリノベー
ションしました。
外壁から離れた位置にラワン合板の壁を建て、土間空間と合板の壁で空間を
大きく囲い取りました。その上で囲い取った空間の内側を合板の壁で細かく
分割していき、幾つかの場を設定しました。それぞれの場が層状に重なるこ
とで空間の連続性が生まれると同時にそれぞれの場に距離をつくり出し、非
連続的でもあることを意図しました。
このように考えたのはマンションの専有部という限られた内部空間を住まい
方に応じて自由に拡張したり縮小できる方法を模索した結果です。
今回新たに間仕切壁を極限まで薄くつくることを試みました。壁を薄くするこ
とで空間の特徴である層状に場が重なることを印象づけると同時に無駄な
スペースを排除し居住空間を広げることに成功しました。
クライアントの要望を満たすことはもちろんですが、建築的な試みと居住性の
バランスがうまく両立した住まいが完成しました。

【家づくりレポート】がSUVACOのサイトに掲載されました。
クライアントのコメントや弊社代表・青木のインタビューをご覧いただけます。→こちら

■用  途:専用住宅
■家族構成:夫婦、子供一人
■専有面積:70.67㎡
■竣 工 年 :1989年(新築時)
■構造規模:RC造7階建ての3階
■設計期間:4.0ケ月
■工事期間:3.0ケ月
■施工会社:キョーワ・テクノ
■写  真:石田 篤(IPS)

この他のリノベーション事例はこちらをご覧ください。