【新築戸建プロジェクト】土地探し

191011_注文住宅

新築で注文住宅を建てたいと考えているクライアントとの土地探しを行っています。

この日は一件だけでしたが、現地で土地の確認をしました。このブログでも何度か書いていると思いますが百聞は一見に如かずです。たとえ、一件だけでもその場に自分の身を置いて五感で感じることが大切です。

敷地単体では土地の高低差や方位、風が抜けるか光は入るか、隣接する住宅との関係性など、周辺環境では道路の広さ、街や暮らしている方の雰囲気、近くの景色と遠くの風景、駅からの距離やアップダウン、道の明るさや人通りの有無などなど、物件情報が書かれた紙だけでは分からないことがたくさんあります。それを自分の体で感じるのがとても大切だと思います。

そして、良い土地は時にスピード感を持って進めていかないといけないということも大切です。「良い」の基準は人それぞれですが、多くの人が良いと思うものもあります。そういう土地は冷静に、かつスピーディーに判断をする必要があります。

この日見た土地は個人的には良い土地のように感じました。